ホーム>カスタマイズブログ>ニュース>ESSEXマフラー開発情報。
ニュース

ESSEXマフラー開発情報。

今日はCRSがユーザーの声を反映し、本気出して制作しているブランド
「エセックス」のトワイスマフラーの試作品のフィッティング&音量テストでした。
ちなみにTwice(トワイス)とは2度って言う意味。右出しのマフラーを
買っていただいて左右のダブル出しにしたくなったら簡単に付け足して
ステップアップできるという「2度おいしいマフラー」っていう意味を込めて
命名しました。もちろんハイエース専用です。

こんな感じで測定開始。
よく見るとこのハイエースワゴンDX左右ダブル出しだぁ~!


こんな感じでデータになって行きます。
気になる音量(デシベル)は85dB~87dB。
今回のこだわりの一つ、消音材に普通のウールじゃなく
アドバンテックス(繊維状の消音材)を採用したのが大正解!
普通のマフラーに使用されてる綿の消音材だと焼けてちぎれてなくなって
いくので日がたつと音が大きくなったり、性能が落ちてきたりしますよね。
でもコストが上がるのが玉にキズ。

希望どうりの上品な重低音に仕上がりました。
と同時に、よく本に書いてる「93デシベルとか98デシベルって
どんな爆音やねん!」って思いました。
エセックスのコンセプトである「ユーロシュポルツ」にふさわしい音感。


これが試作マフラー。オールステンレスが美しい・・・
製作は国際規格ISO9001を取得しているご存知タナベさん。
マフラー製作会社は数多くありますがそのうちタナベさんを含む5社しかISO9001は取得してないらしいです。
製作するにあたってCRSサイドの注文としてハイエースの日常生活(1500回転~4000回転)を想定し、中低速を重視した設定にしたいってことと、保安基準はもちろんのことJASMA(日本マフラー協会)の認定も受けて欲しいことをお願いしました。
JASMA認定にこだわったのはこのマフラーは警察、陸運局、ディーラーなどに
事前に記録が登録されるので取り締まりや車検での不合格、ディーラーに持ち込む際のトラブル防止になるのでこれだけは外せなかったんです。
エセックスのトワイスマフラーで安心して大人の重低音をお楽しみください。


テールエンドは115パイのオーバルタイプ。今から使用していい感じに
焼けて欲しいところですね。


発売開始は7月上旬を予定しております。
プライスは
★KDH用(2.5ディーゼルターボ)   ¥78000
★KDH用ダブル出し          ¥108000

★TRH用(2.0ガソリン車)            ¥88000
★TRH用ダブル出し             ¥118000

★TRHワゴンDX用(2.7ガソリン)   ¥88000
★ワゴンDX用ダブル出し          ¥118000

★左出しのおかわりマフラー       ¥30000


5月16日より先行予約受け付けしております。




トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.crs9000.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3219

コメントする

ページ上部へ