ホーム>カスタマイズブログ>2006年10月

2006年10月

CRS / 200系ハイエース、レジアスエース用   砲弾マフラー

CRS/200系ハイエース、レジアスエース用                        砲弾マフラー
ハイエース(レジアスエース)用ステンレスマフラー。マフラーエンドが100パイの砲弾タイプ。センターピースにタイコ付きなので保安基準内の程よい重低音を奏でます。2KD(ディーゼル)、1TR(ガソリン)共に設定ありです。
詳細はこちら

ロードスタージャパン / 200系ハイエース用  デイトナユーロ RS-6

ロードスタージャパン/200系ハイエース用                     デイトナユーロ RS-6
ロードスターJAPANのデイトナユーロ最新版RS-6とナスカーのタイヤセットです。画像はマシーンブラック(ポリッシュ)のオフセット38です。タイヤはナスカー225/60/16。ホイールのみは82,740円です。VIA JWL-T適合
詳細はこちら

ジャックエンタープライズ / 200系ハイエース用  アイライン&フロントグリルセット

ジャックエンタープライズ/200系ハイエース用                    アイライン&フロントグリルセット
ルナティックエモーションのアイライン&フロントグリルのセット。アイラインもフロントグリルも各25200円ですがセットで買うとなんと30000円でOK。純正塗装済みは+10500円です。
詳細はこちら

ジャックエンタープライズ / 200系ハイエース用   ダックテールカウル

ジャックエンタープライズ/200系ハイエース用                       ダックテールカウル
ルナティックエモーションのダックテールカウル。ルナティックからはリアウイングが2タイプ出てますが個人的にはダックテールカウルのほうがシンプルでオススメです。アンダーミラーを取り外した穴を隠すにはもってこい!無塗装ですが純正塗装OKです。※ウオッシャーノズル穴がいらない場合は指定して下さい。
詳細はこちら

ジャックエンタープライズ / 200系ハイエース用  ワゴンルックリアバンパー

ジャックエンタープライズ/200系ハイエース用                    ワゴンルックリアバンパー
ルナティックエモーションのワゴンルックリアバンパー(かぶせタイプ)です。同じワゴン仕様にするにもバンパー交換タイプよりお気軽でリーズナブル。商品は無塗装ですが純正塗装OK。
詳細はこちら

ジャックエンタープライズ / 200系ハイエース用  フロントハーフスポイラーTYPE1

ジャックエンタープライズ/200系ハイエース用                      フロントハーフスポイラーTYPE1
ルナティックエモーションのフロントハーフスポイラータイプ1。シンプルでありながら存在感抜群の人気のスポイラー。純正塗装okです。
詳細はこちら

ジャックエンタープライズ / ハイエース200系用  チョップトップカル

ジャックエンタープライズ/ハイエース200系用                   チョップトップカウル
ルナティックエモーションのフロント用チョップトップカウルです。ミドルルーフと見違うほど自然なスタイリングで、視覚的にローダウンを演出します。道路交通法・車検対応品  純正塗装okです。
詳細はこちら

中古車キャンペーン開始!

おまたせしました。秋冬売り尽くしキャンペーンを開催します。

中古車を大幅割引のビックリプライスで販売いたします!!

このチャンスにぜひご来店お待ちしております。

(かなり本気のキャンペーンですよ。赤字車両もあります。ぜひ!)

         スタッフ一同

遂に発売!!

遂にワイドワゴンDXミドルルーフ用のシートカバー完成致しました(@~@)
今、発売されているシートカバーは10脚で約10万円前後で販売されていますよね!?なんと当社のシートカバーはナ・ナ・ナ・ナ・ナ・ナ・なんと定価で57750円で販売!!!!そして・・・・・11月3日の舞洲のハイエースフェスタでは35000円にて販売します!!!この日限りの特別価格です♪
この価格で10脚分は破格ですよ!!みなさん当社ブースにお集まり下さいね!CRSスタッフ一同お待ちしております!

VOX / 200系対応  ハイエースドアチューニングキット

VOX/200系対応                    ハイエースドアチューニングキット
200系ハイエースのアウターパネルはドア形状とも関係し非常に振動しやすくなっています。インナーパネルはアウターに比べ強度があります。ノーマルスピーカーの場合はそれなりにドア全体が響きながら鳴るような感じですが、スピーカーを交換した場合はやはりクリアな音をめざしたいところです。キット化するに当たり、ストック状態の特性チェックをおこないます。使用するのは音楽CDではなくテストCDを使い進めていきます。具体的に言うと振動しやすい周波数をならしてドアが振動するポイントをチェックしていきます。低い周波数から順番チェックしドアにマーキングしていきます。その後その振動するポイントにドア内側から制振マットを貼り付けていきます。使用する制振マットも数種類テストし結果の良かった物を使用しています。
詳細はこちら
ページ上部へ